美容液ファンデーションの選び方と50代におすすめの美容液ファンデーション

美容液ファンデーションの効果と上手な選び方

自分の悩みに合った美容成分が入っているか

50代美容液ファンデーション口コミ効果特徴成分使い方

美容液ファンデーションとはその名前の通り美容液とファンデーション両方の効果を備えているアイテムのことです。

 

ですから選ぶ際にもどちらの効果も意識したうえで自分に合っているかどうか、役立つかどうかを意識することが大事になってきます。

 

美容成分が配合されているわけですから、どんな成分がどんな効果をもたらしてくれるかがまずポイントになってきます。

 

たとえば乾燥が気になる方なら保湿成分がまず第一になるでしょう。

 

またたるみが気になる方ならエイジングケア成分がメインになるでしょう。

どちらの効果も自分に合っていないと適さない

50代美容液ファンデーション口コミ効果特徴成分使い方

そうなるといくらファンデーションとしての魅力を備えていても、美容成分が自分にあったものでなければ、総合的に見て自分に向いている製品とは言えないことになります。

 

もちろん逆のパターンも同様で、美容成分が自分にピッタリでもファンデーションの面が合わない場合には適さないことになります。

 

この点こそ美容液ファンデーションを選ぶ上でもっとも重要で、難しい部分といえるでしょう。

 

では美容液とファンデーションのどちらの効果を優先するべきか?

ファンデの効果を優先

50代美容液ファンデーション口コミ効果特徴成分使い方

やはりファンデーションの方が優先です。

 

美容液としての効果はスキンケアの段階で、化粧水やそれこそ専用の美容液などでケアすることができます

 

しかしファンデーションを重ね使いするのは肌への負担からも費用的にもあまり現実的ではありません

 

ですからまずファンデーションとしてのメリットを重視したうえで、プラスアルファで美容液としての効果が自分の肌にとってどれだけよい影響を及ぼしてくれるかを意識しながら選んでいくようにしましょう。

 

相乗効果もチェック

美容液とファンデーションの相乗効果も上手な選び方のポイントです。

 

・乾燥による小じわや肌の凹凸:美容液の効果で保湿成分を補いつつ、ファンデーションの効果で凹凸をカバー
・ほうれい線などの深いシワ:エイジングケア成分やコラーゲンの生成を促す成分とシワをカバーする効果

 

 

このようにファンデーションの効果を優先する一方で自分がどんな肌の悩みを抱えており、それをスキンケアとメイクとでどう改善・カバーしていくことができるかを意識して選んでいくことで肌に負担をかけることなく自然にメイクを仕上げられるようなよいアイテムと出会うことができるでしょう。

 

スキンケア・メイク両方の視点を持ちながら総合力で評価してみましょう。

美溶液ファンデーションの選び方のまとめ

50代美容液ファンデーション口コミ効果特徴成分使い方

・ファンデーションとしての効果を優先
・自分のトラブルをケア、カバーできる美容成分が入っている
・相乗効果がどれだけ期待できる

 

 

《参照》
50代におすすめの人気ファンデーション

50代におすすめの美容液配合ファンデーション

B.A クリーミィファンデーションM

カバー力も保湿力も欲しい50代に!クリームの良さを活かして肌に負担を掛けないファンデ

B.Aクリーミィファンデーション口コミ効果特徴成分使い方40代選び方

スキンケアのラインと同じ美容成分が入っているからか、かなり濃密なクリーム状です。少量でもカバー力があり、肌にしっかりくっつきますがベタベタしません。人によってはパウダーで仕上げると、さらに崩れにくいかも?適度な重みで乾燥しにくく、よれずに済みます。密着感が優れているのに、クレンジングでも時間がかからずに落とせるので、思っていたより楽です。

ポーラの最高級ブランドB.Aのクリームタイプのファンデーション。シリーズ共通美容成分に更に新保湿成分・モイストアップポリマーを配合することでさらに保湿力アップ。メーキャップ商品でもかなり保湿力が高いのが特徴です。そして発光11層パウダーで肌の内側から輝くような肌にしてくれます。肌に負担をかけずに高いカバー力も欲しい50代にピッタリのファンデーションです。
11,880円税込
公式HPへB.A クリーミィファンデーションM

 

編集部アボカドの感想

50代美容液B.Aクリーミィファンデーション口コミ効果特徴成分使い方

ジェルとクリームの中間位の濃厚なファンデーションで、1回の使用量が真珠1粒程度と少量なのに、顔全体に無理なく伸ばせます。

 

薄っすらつくので厚塗り感が無く、それでいて適度なカバー力があるので、気になるシミやくすみが目立ちにくくなりました。

 

しかもほのかにツヤも出てきて、透明感のある肌が長時間続くのも、乾燥しやすい50代には嬉しい所です。

 

そしてクレンジング後も肌が全然疲れていなくて、却ってしっとり感が残っていたことにも驚かされました。

 

50代になると、カバー力を重視したいけど肌への負担が不安…という方が増えるので、そういう方に使ってみてほしいですね。

 

《商品解説》

POLA最高峰ブランドのファンデーション

50代美容液B.Aクリーミィファンデーション口コミ効果特徴成分使い方

B.A クリーミィファンデーションMは、POLAが最高峰ブランドとして展開しているB.Aブランドにラインナップされている製品です。

 

美容成分配合の最高級ファンデーションとして位置づけられており、B.Aブランド共通の美容成分をたっぷり配合しつつファンデーションとしても優れた効果を備えている。

 

まさにエイジングケアにピッタリの逸品となっています。

 

クリームの感触をしながらベタつかず、濃厚ながら肌に塗付すると一体化するようになじんでいきます。

 

B.Aクリーミィファンデーションの仕上がり方
・ムラなく塗布できるので、厚塗り感なく自然にベースメイクを仕上げられる

 

・奥深い発色で、肌の内面からにじみでてくるようなツヤと明るさで自然な若々しさを引き出す

 

・頬のハイポジションのツヤを重視
 →顔全体に立体感を引き出す効果を目指し、透明感やツヤの低下でのっぺりと平面的な印象になってしまった年齢肌にメリハリをつけられる

 

ブランド共通の美容成分でスキンケア効果も

 

配合成分と効果
・希少価値の高いシルク由来のゴールデンLP

 

・ヨモギ由来のYACエキス、レンゲソウ由来のEGクリアエキスなどの天然由来の成分

 

 →保湿効果、抗酸化作用などが年齢肌にアプローチすることでスキンケアの効果を補足

 

年齢肌はスキンケアで肌トラブルを改善しつつ、できるだけメイクで負担をかけずにうまくカバーするバランスが求められます。

 

このB.AクリーミィファンデーションMはそんな年齢肌のスキンケアとメイクの両方を1本でこなす優れもの、最高級ファンデーションの評価に恥じない内容を備えています。

 

B.Aクリーミィファンデーションの特徴のまとめ

  • クリームタイプだけどべたついたり厚塗りにならず、自然に仕上げられる
  • 肌の内側からツヤや明るさがにじみ出てくるように見え、若々しさを引き出してくれる
  • 顔全体に立体感をもたらし、メリハリのある肌に
  • スキンケアライン共通の美容成分が配合され、肌トラブルを改善しながらしっかりしたカバー力がある

B.A クリーミィファンデーションM 54歳 乾燥肌

1.その時のアナタの肌の状態と悩み

B.Aクリーミィファンデーション口コミ効果特徴成分使い方40代選び方

肌の乾燥があまりにひどく、クリームファンデーションでも肌が綺麗に見えないことがあります。かと言って、乾燥を防ぐために厚塗りを擦れば、肌が重く感じたり却ってよれやすくなったりします。出来るだけ肌が重く感じないけど、それなりにツヤとか透明感があるような仕上がりになりたいものです。

 

2.その商品を選んだ理由

できるだけ簡単な使い方で肌をなるべくきれいに見せたいと、両立しづらい希望を持っていました。ポーラはたまたま通りかかった時に、別のラインのアイテムが気になって足を止めたのですが、その商品の話を聞いた時に、ファンデも探している事を告げたら、BAさんに紹介して貰い試しに塗って貰って感触が良かったので、買ってきました。

 

3.テクスチャーと刺激・使い心地

適度な厚みが有りつつ重くないクリーム。指でもパフでも塗れるので、パーツやその日の気分の仕上がりによって使い分けられる。早朝から夜遅くまで付けていても、肌が乾燥したり痒くなることも無く、快適な状態で過ごせています。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

カバー力が高いものは乾燥しやすいというイメージが変わりました。肌をきれいに見せながら、乾燥したり疲れたりしないので、無理なく使っていられます。自分の中ではマットよりの仕上がりなので、もう少しツヤツヤと見えるようになるといいなとはおもいます。

 

 

《参照》
pola ba
ポーラの下地

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

美容液ファンデ14年連続No.1!1日中潤いながらシワ・毛穴をしっかりカバー

50代美容液マキアレイベル薬用クリアエステヴェール口コミ効果特徴成分使い方

クリームタイプですがかなりみずみずしい緩いタイプです。指先ですすっと伸ばせるので、1回分が思ったより少なくて済みます。薄付きですが、小さ目のシミ程度なら結構分からなくなるし、濃い場合は少しずつトントンと重ね付けしてみると、適度にカバーしてくれます。付けていても肌が疲れる事が無く、夕方まできれいなツヤ肌が続きました。

累計903万本突破した美容液ファンデーション。68種類もの美容成分が配合されているので、肌に負担をかけやすいクリームタイプでもメイクしながら肌を潤してくれるのが特徴です。3種のパウダーで肌の凸凹を整えながら光を反射するので、肌悩みが目立たなくなります。1本5役、無添加なのでメイクで肌に負担を感じるようになった50代の方にお勧めです。
2,263円→1,980円・税込
公式HPへマキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

 

編集部ごーやの感想

50代美容液薬用クリアエステヴェールン口コミ効果特徴成分使い方

ゆるゆるとしたテクスチャーで、指を撫でる程度でスルスルと伸ばしていけます。

 

軽い付け心地でもぴったりとした密着感があって、冬場でも肌がカサカサしたり、メイクがすぐ崩れたりという事がありません。

 

下から上に持ち上げるようにすると、気になっていたしわにも入り込みやすくて、うまくカバーできたのもありがたいです。

 

薬用というだけあって、敏感肌でもトラブルなく使えて、肌への負担がトラブルとして現れやすい50代に優しいなと感じました。

 

《商品解説》

製品内容の6割が美容液成分

50代美容液マキアレイベル薬用クリアエステヴェール口コミ効果特徴成分使い方

マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールはファンデーションでありながら、製品内容のおよそ6割が美容液成分で占められている美容液ファンデーションです。

 

事実上美容液として使いながらベースメイクを行っていくことができます。

 

刺激に敏感な乾燥肌や年齢肌の場合、美容液が肌に刺激を与えてしまう面と、メイクが肌に負担をかけてしまう面が厄介な問題としてあります。

 

そこで美容液とファンデーションをひとつのアイテムで行うことで、両方の問題を一挙に解決してしまおう、というのがこの薬用クリアエステヴェールなのです。

ケアも一手間省いて肌への刺激を軽減

保湿成分をはじめとした美容成分が多く含まれているので肌に優しくメイクができます。

 

そして専用の美容液を使わなければスキンケアの手順を省くことで、摩擦の刺激などの負担を軽減することもできることになります。

 

配合されている代表的な美容成分は次の通りです。

保湿成分

5種類のコラーゲン、3種類のヒアルロン酸

植物由来のエキス オリーブ葉エキス、カッコンエキス、アロエ液汁末
美白成分 プラセンタエキス

 

これだけ見ても、専用の美容液と比べても遜色ないものばかり。

 

乾燥やシワ、シミなど幅広い悩みにケアしていくことができます。

 

2種のパウダーで明るく滑らかな肌に

 

加えてファンデーションの効果では大小2つの微粒子パウダーと平版パウダーを組み合わせています。

 

各パウダーの効果の違い

微粒子パウダー

肌の凹凸にフィットして滑らかに整える
平版パウダー 光を反射させて肌を明るく演出する効果

 

しかも肌への密着性にも優れているので崩れにくい、ファンデーション単体としても優れた内容を備えています。

 

SPF35、PA+++のUVカット効果もあるのでひと通りのケアとメイクをこれ1本でカバーできます。

 

肌の刺激が気になる方、保湿対策を重点的に行いたい方にピッタリの美容液ファンデーションです。

 

薬用クリアエステヴェールの特長のまとめ

50代美容液マキアレイベル薬用クリアエステヴェール口コミ効果特徴成分使い方

  • 製品内容の6割が美容成分なので、幅広い肌悩みにアプローチできる
  • 美容液を塗る手間を省いて、肌への摩擦を減らせる
  • 2種のパウダーで肌の凸凹を整えつつ、明るく見せてくれる
  • 密着性に優れ、SPF35・PA+++のUVカット効果もある

 

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール 57歳 敏感肌

1.その時のアナタの肌の状態と悩み

50代美容液マキアレイベル薬用クリアエステヴェール口コミ効果特徴成分使い方

40代後半からシミもしわの気になって、しっかり隠せるBBクリームを多用していたら、却って肌が重くて肌荒れを起こしやすくなったり、合わない化粧品で激しい拒絶反応が出たり、却って肌質が悪化した。だけど今更、下地やら日焼け止めやらと何種類も使うのが面倒で、1本でカバー力があって肌に優しいBBやファンデを探していた。

 

2.その商品を選んだ理由

ネットの隅の広告に現れて、美容液ファンデーションという文言が気になった。サイトを見てみると、BBみたいに1つで色々と兼ねてるようだから、手間や肌への負担が減らせるしカバー力も良いようなので、物は試しと1回買ってみる気が起きた。

 

3.テクスチャーと刺激・使い心地

クリームタイプなのでBBみたいなベッタリ感や重めかと思っていたら、水分多め(?)タイプで少し驚かされた。これだと薄付きはしやすそうだけど、薄くてカバー力は無さそうとも一瞬思ってしまったが、程良いベージュ色である程度カバーできたし、美容液というだけあって2か月くらい使っていても、刺激を感じていない。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

ゆるめのクリームだからか、ほうれい線部分にも塗り易くてこれまでよりしわが浅く見えるようになった。大きなシミは少し重ね付けすると、そこまであまり大きく見えないで済む。何よりUVカット効果もありつつ、肌トラブルが起きずに使えているので、本当に助かっている。

美容液ファンデーションの上手な使い方

美容液配合のファンデーションの特長と使い方

スキンケア意識で肌への負担を減らす

50代美容液マキアレイベル薬用クリアエステヴェール口コミ効果特徴成分使い方

美容成分が配合されているファンデーションはスキンケアの意識も取り入れながら上手に使っていくのがポイントです。

 

そのためにも美容成分の効果を引き出しつつ、肌への負担をできるだけ軽減する使い方をまず意識します。

 

そのうえでできればメイクの負担も軽減できるような賢い使い方を目指していきたいところです。

 

ファンデーションで美容成分を補ううえでの最大のポイントは、ひと通りのスキンケアを行った後に補うことです。

 

スキンケアで足りない成分を補えるか

50代美容液ファンデーション口コミ効果特徴成分使い方

ですから化粧水や美容液で美容成分や水分を補ってもまだ不足している成分をうまく補うのが第一です。

 

とくに乾燥肌・年齢肌の方は保湿成分が不足しがちなのでファンデーションでも補ってみましょう。

 

一方で浸透しにくい難点を克服できるかも上手に使う上での大事な部分です。

 

乳液・クリームで肌にフタをしたうえで日焼け止めを使い、さらに化粧下地で整えたうえでファンデーションを使うのが一般的ですから、すでに有効成分を補っても浸透しにくい面があるのです。

 

ですから美容成分配合のファンデーションを使う場合には乳液・クリームの量を控えめにするなど美容成分がしやすい環境を意識して整えてみましょう。

 

下地もきちんと使う

また化粧下地を使うと浸透の妨げになってしまうイメージもあります。

 

しかし実際にはこのアイテムが、ファンデーションと肌との密着性を高める効果があるので、かえって浸透しやすい環境へと整えてくれる面もあります。

 

いずれにしろファンデの効果を高めるうえで化粧下地は欠かせないアイテムなので、適量を意識しつつ賢く使うようにしましょう。

 

シチュエーションによって臨機応変な使い方を

50代美容液ファンデーション口コミ効果特徴成分使い方

ファンデーションで美容成分を補うことができることで、スキンケアの負担を和らげられるメリットもあります。

 

刺激に敏感になっている方はスキンケアやメイクの手順が増えるほど肌への負担も多くなります。

 

ですから美容液とクリームは使わず化粧水と乳液だけのシンプルなケアにとどめつつ、下地とファンデーションでベースメイクを行うことで負担を最小限に抑えながらスキンケアとメイクの両方を行うこともできます。

 

ですからいつも同じファンデーションの使い方をするのではなく、シンプルなケアで済ませるときとしっかりメイクが必要なときとで切り替えるといった臨機応変な使い方も必要です。

 

肌の調子も見極めて

また肌の調子に合わせて美容液で補う成分を変える、またには乳液・クリームを使う量を調節するといった臨機応変な対応も必要でしょう。

 

美容液の代わりにも使えるメリットを活かしつつ、スキンケアとメイク両方に役立てられるような使い方をしたいものです。

 

美容液ファンデーションの使い方のまとめ

50代美容液ファンデーション口コミ効果特徴成分使い方

  • スキンケアを怠らない
  • スキンケアでは足りない成分を補うえる商品を選ぶ
  • スキンケアアイテムとの使用量のバランスを考える
  • 下地も適切な量を使用
  • メイクの加減によって使い方を変える
  • 肌の調子にも注意する

50代におすすめは?ファンデーションの種類とメリット・デメリット

「絶対にこれ」と万人受けするタイプは無い

50代美容液ファンデーション口コミ効果特徴成分使い方タイプメリットデメリット

ファンデーションにはさまざまな種類があり、50代に向いている種類はどれなのか?

 

意見もさまざまで「これを使えば大丈夫!」という決定打はありません。

 

この年代になると抱えている肌の悩みも個人差が大きくなり、ひとりひとりに合ったアイテムを使う必要があるのがその理由です。

 

そのためそれぞれの種類のメリット・デメリットを把握しつつ、自分にとってメリットが多く得られそうなものを見極めていくことが大事です。

 

代表的な3つのタイプのメリット・デメリットは次の通りです。

メリット デメリット
パウダー

・油分が少なめでムラなく丁寧に塗付できる

 

・クレンジングで落としやすいので肌への刺激も少ない
 →刺激に敏感になりがちなこの年代にピッタリ
  一般的に50代にもっとも適していると言われる

 

・油分が少ない分防腐剤などの添加物も少ない
 

・崩れやすい

 

・リキッドタイプやクリームタイプに比べるとカバー力がやや劣る

リキッド

・カバー力に優れている

 

・肌への密着度も高いので崩れにくい

・クレンジングで落ちにくく肌に負担をかけてしまいがち
 →あまり50代には向いていないといわれる

 

・液状なので塗付するときにムラができやすい

クリーム

・保湿力カバー力の高さが魅力

 

・厚めのテクスチャでムラなく塗りやすい

 

・摩擦の刺激も少なめ
 →50代に適しているともよく言われる

・クレンジングで落としにくいので刺激になりやすい

 

・厚めのテクスチャがべたつきと感じやすい

 

50代美容液ファンデーション口コミ効果特徴成分使い方タイプメリットデメリット

パウダータイプは化粧下地でうまくカバーできるかどうか、また崩れやすいけれども直しやすいメリットをどう活かすかで評価が変わってくるでしょう。

 

さらに刺激の少なさで注目されているミネラルファンデーションも、このパウダータイプに分類されます。

 

そしてリキッドタイプは落としにくい点さえ気にならなければ、少し厚めに塗っても透明感が失われないなど、液状ならではのメリットもあるので刺激があまり気にならない人に向いています。

 

またクリームタイプは乾燥でカサつきがちな方、しっとりした感触を好む方にはよい選択肢となるでしょう。

 

3種以外にも新しいタイプが登場している

50代美容液ファンデーション口コミ効果特徴成分使い方タイプメリットデメリット

この3つが主なタイプですが、ほかにもパウダータイプのようにパウダーが固められていないルースタイプやパウダー、クリーム、リキッドの特徴を兼ね備えたエマルジョンタイプなど近年になって注目されている種類もあります。

 

今回挙げたようなそれぞれの特徴を踏まえつついろいろな種類を比較検討してみましょう。